プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
追悼盤
"ソロピアノ"を除く四枚の追悼盤。

唯一持っていない"二枚組の追悼盤"。

"中古"だけれども、

Amazonで注文した。


エディ・ヒギンズ・トリオ・ベスト・オブ・ベスト
Eddie Higgins Trio[追悼盤]

20190614zaP2G7144256W.jpg

1.ロマンティックじゃない 03:57
2.ラッシュ・ライフ 05:30
3.メドレー 祇園小唄 / 京都ブルース 07:53
4.ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス 07:57
5.ハウ・インセンシティブ 05:01
6.ダンス・オンリー・ウィズ・ミー 05:24
7.木の葉の子守唄 08:42
8.ブラック・コーヒー 05:37
9.ベッドで煙草はよくないわ 04:26
10.ファイツ・ネバー・モア 04:36

1.フェリシダージ 06:28
2.ブルー・プレリュード 04:43
3.ユー・マスト・ビリーブ・イン・スプリング 05:11
4.ウィ・ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン 04:01
5.イット・ネバー・エンタード・マイ・マインド 05:21
6.アモール 05:24
7.カリニョーソ 03:56
8.イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー 06:18
9.酒とバラの日々 06:51
10.世の人忘るな 04:30


他の追悼盤。

エディ・ヒギンズ・トリオ・エッセンシャル・ロマンス
Eddie Higgins Trio[追悼盤]

20190610zaP2G2579236W.jpg

1.あなたに夢中 04:54
2.イエスタデイズ 03:51
3.ヒアズ・ザット・レイニー・デイ 03:25
4.今宵の君は :04:59
5.アイ・クッド・ライト・ア・ブック 04:31
6.ジェントル・レイン 04:44
7.アイ・レット・ア・ソング・ゴー・アウト・オブ・マイ・ハート 06:08
8.ブルー・アンド・センチメンタル 06:03
9.シークレット・ラブ 04:30
10.ある恋の物語 04:09
11.エニシング・ゴーズ 04:42
12.ラバー・マン 04:58


エディ・ヒギンズ・トリオ / ジャズ・スタンダード・エッセンシャル・べスト
Eddie Higgins Trio[追悼盤]

20190610zaP2G7246163W.jpg

1.メドレー ストールン・モーメンツ / イスラエル 07:23
2.ナウ・プリーズ・ドント・ユー・クライ・ビューティフル・エディス 02:49
3.ディトゥア・アヘッド 05:32
4.クリフォードの思い出 05:16
5.イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ 05:29
6.ナーディス 04:30
7.ピーコックス 06:01
8.マイナー・スイング 03:17
9.モーニング 05:40
10.ラウンド・ミッドナイト 05:42
11.ブルー・ボッサ 04:14
12.イン・ア・センチメンタル・ムード 04:39


ソロピアノの追悼盤。

エディ・ヒギンズ・ロマンティック・ソロ・ピアノ・エッセンシャル・ベスト
Eddie Higgins[追悼盤]

20190614zaP2G2579249W.jpg

1.あなたは恋を知らない 05:23①
2.マイ・ファニー・バレンタイン 05:34①
3.虹の彼方に 04:16①
4.ダニー・ボーイ 05:02①
5.アゲイン 04:06①
6.イッツ・マジック 04:52②
7.ワンス・アポン・ア・サマータイム 03:50②
8.マイ・オールド・フレイム 04:46②
9.イージー・リビング 03:37②
10.煙が目にしみる 03:56②
11.イフ・ドリームス・カム・トゥルー 03:10③
12.コルコバード 05:07③
13.過ぎし夏の思い出 :03:53③
14.いつの頃から 04:54③
15.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ 05:24③

①You Don't Know What Love Is収録曲
②Standards By Request 1st Day収録曲
③Standards By Request 2st Day収録曲

つれづれの音楽 | 【2019-07-14(Sun) 08:15:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Jazz Piano
このところ毎日聞いている。

単純計算で、

一枚540円。

50年代、60年代の録音だけれども、

ジャズ・ピアノが好きな人にはお薦めだ。

Beautiful Jazz Piano<タワーレコード限定>
Various Artists

201907115060342022080.jpg
NOT3CD208(3枚組)

Beautiful Jazz Piano 2<タワーレコード限定>
Various Artists

201907115060432022624.jpg
NOT3CD262(3枚組)

“Jazz Piano”の続きを読む>>
つれづれの音楽 | 【2019-07-12(Fri) 05:23:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
エディ・ヒギンズさんのソロ・ピアノ
令和元年七月四日現在、

確認がとれたヒギンズさんの"ピアノソロ"が収録されているアルバムは以下の7枚。

楽曲数で約70曲(メロディー演奏が数フレーズある)。

重複録音はないようだ(追悼盤は除く)。
(※あった。まだあるかもしれない・・・。)
Time On My Hands(Time On My Hands)
Time On My Hands - 3:13(Standards By Request 2nd Day)

"Eddie Higgins In Chicago"の収録曲に、

私の大好きな楽曲の"Greensleeves - 3:59(Traditional)"と、

"ピアノソロ"ではないけれども、

"Air For G String - 5:44(Johann Sebastian Bach)"があった。

"Bach"好きにはたまらない。


Eddie Higgins In Chicago
2019070451BiI7ciZyLACUL480QL65.jpg
Solo Art SACD-124

Date: October 24, 1978
Location: Castle Recording Studios, Lake Geneva, WI
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
1. My Time Of Day - 2:02(Frank Loesser)
2. How Long Has This Been Going On - 8:45(George Gershwin, Ira Gershwin)
3. Dream Dancing - 5:25(Cole Porter)
4. Valsa De Porto Das Caixas - 2:59(Antonio Carlos Jobim)
5. Greensleeves - 3:59(Traditional)

※6. Come Touch The Sun - 1:33(Burt F. Bacharach)
Claremont LP 12"C1090 — Dream Dancing

※7. Concerto Theme: The Young Girls Of Rochefort - 6:32(Michel Jean LeGrand)
※8. You Must Believe In Spring(Michel Jean LeGrand)
※9. Unknown(Michel Jean LeGrand)
Claremont LP 12"C1085 — My Time Of Day
Spinnster LP 12"SP0003 — My Time Of Day
(※CD音源無し)

7, 8, 9 performed as medley.

Higgins only recalls that the unknown, third song in the medley was music from the film "The Plastic Dome of Norma Jean."

For years after my move to Ft. Lauderdale in 1970, I returned to Chicago, sometimes twice a year, to perform in local jazz clubs like the Back Room on Rush Street and the Jazz Showcase. This recording was first issued on two LP's titled "My Time Of Day" and "Dream Dancing" on the Claremont label. Later, it was re-issued in Florida on the Spinnster label (on both LP and cassette). It's final incarnation is the Solo Art CD which, unfortunately, does not have room for all the material released on the LP's. Of the two, long medleys, I arranged the "Porgy and Bess" and Richard Evans arranged "West Side Story. E.H.


Eddie Higgins By Request
2019062091epfpuVmbLACUL480QL65.jpg
Solo Art SACD 104

Date: Early 1992
Location: Chicago Recording Co., Chicago
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
10. Old Folks - 4:25(Willard Robison, Dedette Lee Hill)
11. Carinhoso - 3:02(Joao De Barro, Pixinguinha)
12. We'll Be Together Again - 4:09(Carl Fischer, Frankie Laine)
13. Magnolia Rag - 2:25(Eddie (Haydn) Higgins)
14. Squeeze Me - 2:32(Thomas "Fats" Waller, Clarence Williams)


Time On My Hands: Arbors Piano Series, Vol. 6
20190617780941123623.jpg
Arbors Records ARCD-19236

Date: December 1-2, 1999
Location: New River Studios, Fort Lauderdale, FL
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
15. Can't Get Out Of This Mood - 4:31(Frank Loesser, Jimmy McHugh)
16. Zigeuner - 6:02(Noel Coward)
17. I Hadn't Anyone Till You - 4:41(Ray Noble)
18. Lucky To Be Me - 5:12(Betty Comden, Adolph Green, Leonard Bernstein)
19. You And The Night And The Music - 3:13(Arthur Schwartz, Harold Dietz)
20. Ruby - 4:19(Mitchell Parish, Heinz Roemheld)
21. You Turned The Tables On Me - 4:47(Louis Alter, Sidney D. Mitchell)
22. A Handful Of Stars - 6:20(Ted Shapiro, Jack Lawrence)
23. A Sleepin' Bee - 4:23(Harold Arlen, Truman Capote)
24. Say It Isn't So - 6:25(Irving Berlin)
25. I Didn't Know What Time It Was - 7:35(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
26. Time Was(Sidney Keith Russell, Miguel Prado)
27. Time On My Hands(Vincent Youmans, Mack Gordon, Harold Adamson)
28. Nina Never Knew - 4:00(Milton Drake, Louis Alter)
29 Stairway To The Stars - 4:53(Frank Signorelli, Matty Malneck, Mitchell Parish)
30. A Blues Serenade - 3:03(Mitchell Parish, Frank Signorelli, Vincent Grande, Jimmy Lytell)

25,26,27 performed as medley.


You Don't Know What Love Is
20190609zaP2G2455515W.jpg
Venus TKGV-1001

Date: July 4, 2003
Location: BST Studio, Tokyo
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
31. When You Wish Upon A Star - 3:49(Ned Washington, Leigh Harline)
32. My Funny Valentine - 5:34(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
33. Detour Ahead - 5:44(Herb Ellis, Lou Carter, Johnny Frigo)
34. Beautiful Love - 3:21(Haven Gillespie, Victor Popular Young, Wayne King, Egbert Van Alstyne)
35. Dance Only With Me - 3:55(Betty Comden, Jule Styne, Adolph Green)
36. Danny Boy (aka Londonderry Air) - 4:59(Traditional)
37. All This And Heaven Too - 4:21(Edgar DeLange, Jimmy Van Heusen)
38. Yellow Days - 4:34(Alarcon Alvaro Carrillo, Alan Bernstein)
39. Skylark - 3:56(Hoagy Carmichael, Johnny Mercer)
40. Again - 4:04(Lionel Newman, Dorcas Cochran)
41. You Don't Know What Love Is - 5:22(Don Raye, Gene DePaul)
42. Over The Rainbow - 4:15(Harold Arlen, E. Y. "Yip" Harburg)


Standards By Request 1st Day
20190609zaP2G6289621W.jpg
Venus VHGD-00087

Date: August 29-30, 2008
Location: Audio City Studio, Tokyo
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
43. It's Magic - 4:51(Jule Styne, Sammy Cahn)
44. Easy Living - 3:38(Leo Robin, Ralph Rainger)
45. Gone With The Wind - 3:42(Allie Wrubel, Herb Magidson)
46. I Gotta Right To Sing The Blues - 3:46(Harold Arlen, Ted Koehler)
47. Dear Old Stockholm - 2:52(Stan Getz)
48. I Thought About You - 4:07(Jimmy Van Heusen, Johnny Mercer)
49. You'd Be So Nice To Come Home To - 3:29(Cole Porter)
50. My Old Flame - 4:45(Sam Coslow, Arthur Johnston)
51. Once Upon A Summertime - 3:48(Johnny Mercer, Michel Jean LeGrand, Eddie Bacri)
52. Smoke Gets In Your Eyes - 3:55(Otto Harbach, Jerome Kern)
53. Retrato Em Branco E Preto (aka: Zingaro; Portrait In Black And White) - 3:58(Antonio Carlos Jobim, Chico Buarque)
54. In The Wee Small Hours Of The Morning - 5:08(David A. Mann, Bob Hilliard)
55. The Man I Love - 3:36(George Gershwin, Ira Gershwin)
56. These Foolish Things - 4:18(Jack Strachey, Harry Link, Holt Marvell)
57. Stella By Starlight - 4:05(Ned Washington, Victor Popular Young)

Standards By Request 2nd Day
20190609zaP2G6301742W.jpg
Venus VHGD-00152

58. If Dreams Come True - 3:10(Benny Goodman, Irving Mills, Edgar Sampson)
59. Dancing In The Dark - 3:40(Arthur Schwartz, Harold Dietz)
60. I Didn't Know About You - 4:14(Edward Kennedy Ellington, Bob Russell)
61. How Long Has This Been Going On - 4:54(George Gershwin, Ira Gershwin)
62. I Didn't Know What Time It Was - 3:34(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
63. Don't Explain - 4:25(Arthur Herzog, Billie Holiday)
64. Ill Wind - 3:38(Harold Arlen, Ted Koehler)
65. In A Sentimental Mood - 4:06(Edward Kennedy Ellington, Irving Mills, Manny Kurtz)
66. Brownsburg Blues - 3:25(Eddie (Haydn) Higgins, Meredith d'Ambrosio)
67. Corcovado (Quiet Nights) - 5:07(Gene Lees, Antonio Carlos Jobim)
68. Street Of Dreams - 3:39(Victor Popular Young, Samuel M. Lewis)
69. Time On My Hands - 3:13(Vincent Youmans, Mack Gordon, Harold Adamson)
70. My One And Only Love - 5:24(Guy B. Wood, Robert Mellin)
71. The Things We Did Last Summer - 5:53(Sammy Cahn, Jule Styne)
72. By Myself - 3:34(Arthur Schwartz, Harold Dietz)



エディ・ヒギンズ・ロマンティック・ソロ・ピアノ・エッセンシャル・ベスト
Eddie Higgins[追悼盤]

20190614zaP2G2579249W.jpg
Venus VHCD-78215

1.あなたは恋を知らない 05:23①
2.マイ・ファニー・バレンタイン 05:34①
3.虹の彼方に 04:16①
4.ダニー・ボーイ 05:02①
5.アゲイン 04:06①
6.イッツ・マジック 04:52②
7.ワンス・アポン・ア・サマータイム 03:50②
8.マイ・オールド・フレイム 04:46②
9.イージー・リビング 03:37②
10.煙が目にしみる 03:56②
11.イフ・ドリームス・カム・トゥルー 03:10③
12.コルコバード 05:07③
13.過ぎし夏の思い出 :03:53③
14.いつの頃から 04:54③
15.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ 05:24③

①You Don't Know What Love Is収録曲
②Standards By Request 1st Day収録曲
③Standards By Request 2st Day収録曲


つれづれの音楽 | 【2019-07-04(Thu) 22:02:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ウレタンスポンジ
"サブシステム"のスピーカー(スタンド)の下に、

"厚さ10mmのウレタンスポンジ"を追加してみた。


フローリングの床

⇒[黒御影石(厚さ30mm×250mm×300mm)+フェルト(5点貼り)]

⇒[天然ゴム系スポンジ(厚さ5mm×300mm×300mm)]

[ウレタンスポンジ(厚さ10mm×300mm×300mm)]

⇒[天然ゴム(厚さ3mm×300mm×300mm)]

⇒[純正スピーカースタンド(VICTOR LS-V1-M)+スピーカー(VICTOR SX-V1-M)]。


結果、

"低域の重み"が若干改善された。

それにしても、

ある程度満足した"重低音"を再生するためには、

スピーカーの口径が最低"30cm"以上は必要だろう。

"VICTOR SX-V1-M"は口径"14.5cm"。

とにかく、

驚くほど頑張ってくれてはいる。


VICTOR SX-V1-M + LS-V1-M
20190518sx-v1-m.jpg

つれづれの音楽 | 【2019-07-03(Wed) 07:11:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Jay Leonhart(ジェイ・レオンハート)さん
"サブシステム"では、

なかなか満足のいく再生ができないのだけれども、

ヒギンズさんのCDを聴いていて、

"ベースの演奏"に次第に心惹かれるようになってきた。

ベーシストは、

"Jay Leonhart(ジェイ・レオンハート)"さん。

共演は、

ヒギンズさんが66才の時(1998年)のアルバム"Speaking to Jobim [Sunnyside] (※Venus / 愛の語らい~ジョビン作品集)"が最初で、

その時以来、何度かセッションを組まれている。

1940年12月6日生まれの"Jay Leonhart"さんは今年79歳、

20190703jayleo-JayLeonhartfinal2.jpg


今も元気に活動を続けられているようだ。

つれづれの音楽 | 【2019-07-03(Wed) 07:09:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ヒギンズさんだ!
ある日の録音風景。



鼻に、

バンドエイド・・・?


Time On My Hands
20190617780941123623.jpg
Date: December 1-2, 1999
Location: New River Studios, Fort Lauderdale, FL
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)

a.Can't Get Out Of This Mood - 4:31(Frank Loesser, Jimmy McHugh)
b.Zigeuner - 6:02(Noel Coward)
c.I Hadn't Anyone Till You - 4:41(Ray Noble)
d.Lucky To Be Me - 5:12(Betty Comden, Adolph Green, Leonard Bernstein)
e.You And The Night And The Music - 3:13(Arthur Schwartz, Harold Dietz)
f.Ruby - 4:19(Mitchell Parish, Heinz Roemheld)
g.You Turned The Tables On Me - 4:47(Louis Alter, Sidney D. Mitchell)
h.A Handful Of Stars - 6:20(Ted Shapiro, Jack Lawrence)
i. A Sleepin' Bee - 4:23(Harold Arlen, Truman Capote)
j. Say It Isn't So - 6:25(Irving Berlin)
k. I Didn't Know What Time It Was - 7:35(Richard Rodgers, Lorenz Hart)
l. Time Was(Sidney Keith Russell, Miguel Prado)
m.Time On My Hands(Vincent Youmans, Mack Gordon, Harold Adamson)
n. Nina Never Knew - 4:00(Milton Drake, Louis Alter)
o. Stairway To The Stars - 4:53(Frank Signorelli, Matty Malneck, Mitchell Parish)
p. A Blues Serenade - 3:03(Mitchell Parish, Frank Signorelli, Vincent Grande, Jimmy Lytell)

つれづれの音楽 | 【2019-07-02(Tue) 21:55:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
A Lovely Way To Spend An Evening
"サブシステム"で、

"リピート再生"にして、

かれこれ2時間以上聴いている。


A Lovely Way To Spend An Evening
4:07(Jimmy McHugh, Harold Adamson)

Eddie Higgins Trio



収録されているアルバムは以下の2枚。

恋に過ごせし宵
Eddie Higgins Trio

20190603zaP2G1287374W.jpg
Venus TKCV-35386
Date: June 18-21, 2005
Location: Clinton Studio, New York City
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p), Jay Leonhart (b), Mark Taylor (d)

"Eddie Higgins Discography 1956 - 2008"によれば、
※all erroneously date the session as October 14-17, 2006.


エッセンシャル・スタンダード・ベスト
Eddie Higgins Trio

20190614zaP2G2519161W.jpg
Venus VHCD-78100

つれづれの音楽 | 【2019-07-02(Tue) 21:26:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
April in Torino
この数日、

繰り返し聴いている。

ヒギンズさんの"自作曲"だ。

April in Torino


A Handful of Stars
ハンドフル・オブ・スターズ

201906094571292516563.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
[Venus]VHGD-00038



"Eddie Higgins Discography 1956 - 2008"

Date: 13 Apr 2008
Location: Avatar Studio, New York City
Eddie Higgins (ldr), Ken Peplowski (cl, ts), Scott Hamilton (ts), Eddie Higgins (p), Jay Leonhart (b), Joe Ascione (d)

a. In Love In Vain - 6:16(Jerome Kern, Leo Robin)
b. You Leave Me Breathless - 5:59(Frederick Hollander, Ralph Freed)
c. A Handful Of Stars - 8:15(Ted Shapiro, Jack Lawrence)
d. Come Rain Or Come Shine - 6:37(Johnny Mercer, Harold Arlen)
e. April In Torino - 6:09(Eddie (Haydn) Higgins)
f. The Night Has A Thousand Eyes - 8:11(Buddy Bernier, Jerome Brainin)
g. Flamingo - 5:34(Ted Grouya, Ed Anderson)
h. Breezin' Along With The Breeze - 5:56(Haven Gillespie, Seymour Simons, Richard A. Whiting)
i. Portrait Of Jennie - 7:12
j. Softly As In A Morning Sunrise - 5:23(Sigmund Romberg, Oscar Hammerstein II)
k. All Too Soon - 5:12(Edward Kennedy Ellington, Carl Sigman)

Ken Peplowski (cl) on a, e, g, (ts) on b-d, f, h-k.
Recorded Apr 13-14, 2008 at Avatar Studio in NYC.

つれづれの音楽 | 【2019-07-02(Tue) 07:07:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
エディ・ヒギンズ(Eddie Higgins)さん
ヒギンズさんが初めて日本を訪れた時、

レコーディング現場での日本人スタッフとのやりとり・・・。

"Eddie Higgins Discography 1956 - 2008"より

My first trip to Japan was in 1980 and for four months I did steady gigs at hotels in Osaka and Niigata, a TV show in Tokyo, a jazz festival in Miyazaki, various one-nighters in jazz clubs in several cities, and an album for Toshiba Records. I loved working in Japan: the audiences, the pianos, the marvelous trains and subways, but most of all the food. For my entire time there I ate nothing but Japanese food of every type. My recording session for Toshibawas divided into two 3-hour stints: an afternoon solo session and an evening session with a Japanese rhythm section. In between sessions was a break for dinner and, as I walked into the control room, the producer smiled and said, "Eddie-san, we know you must be hungry , so we've sent out for a special treat for you, and we hope you enjoy it!" I was delighted. "Oh boy! Is it sashimi (raw fish)? Is it unagi (broiled eel)? What is it?" "Kentucky Fried Chicken," was the reply, and my face must have shown my dismay, because they were taken aback and started to apologize. Knowing the Japanese sensitivities as I did, I immediately covered up, ate the chicken with feigned pleasure, and face was saved all around. Of course, they were only trying to please me, never guessing that after four months of heavenly Japanese food, American fast food was culture shock! E.H.

ますますファンになってしまった。

SWEET LORRAINE
スイート・ロレイン
Eddie Higgins

20190612zaP2G5200946W.jpg
with: 河上修(b)、ジミー竹内(ds)
録音:1980年8月Toshiba EMI Studio, Tokyo
TOCJ-66237

1. Someone To Watch Over Me - 3:17(George Gershwin, Ira Gershwin)
2. Somebody Loves Me - 3:15(George Gershwin, Buddy G. DeSylva, Ballard MacDonald)
3. Teach Me Tonight - 3:55(Sammy Cahn, Gene DePaul)
4. Sweet Lorraine - 3:52(Mitchell Parish, Cliff Burwell)
5. Three Little Words - 3:41(Bert Kalmar, Harry Ruby)
6. The Song Is You - 3:04(Jerome Kern, Oscar Hammerstein II)
7. Sometimes I'm Happy - 4:11(Irving Caesar, Vincent Youmans, Clifford Grey, King Pleasure)
8. Route 66 - 3:24(Bobby Troup)
9. Rosetta - 3:18(Earl Kenneth "Fatha" Hines, William Henri Woode)
10. Take The "A" Train - 3:21(William Thomas Strayhorn)
11. These Foolish Things - 3:49(Jack Strachey, Harry Link, Holt Marvell)
12. Ruby - 3:59(Mitchell Parish, Heinz Roemheld)

つれづれの音楽 | 【2019-06-28(Fri) 21:28:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Eddie Higgins さんの Discography2 & Meredith d'Ambrosio の 17 albums
令和元年六月二十八日現在。

wiki:"Eddie Higgins"によれば、

1957(25才)
01.The Ed Higgins Trio [Replica]Great Trio Sessions PHONO-870269
Trio, with Dave Poskonka (bass), Jack Noren (drums)

1960 (28才)
02.Eddie Higgins [Vee-Jay]Great Trio Sessions PHONO-870269
Some tracks trio with Jim Atlas (bass), Marshall Thompson (drums); some tracks quintet, with Paul Serrano (trumpet), Frank Foster (tenor sax) added; some tracks trio with Richard Evans (bass), Thompson (drums)

1965 (33才)
03.Soulero [Atlantic]Great Trio Sessions PHONO-870269
Trio, with Richard Evans (bass) Marshall Thompson (drums)

1966 (34才)
04.The Piano of Eddie Higgins [Atlantic]
Some tracks trio; some tracks with orchestra

1967 (35才)
05.Music from Chitty Chitty Bang Bang [Tower]
Trio, with Richard Evans (bass), Marshall Thompson (drums)

1976 (44才)
06.My Time of Day [Claremont]
Trio, with John Bany (bass), Marshall Thompson (drums)

1976 (44才)
07.Dream Dancing [Claremont]
Trio, with John Bany (bass), Marshall Thompson (drums)

1980 (48才)
08.Sweet Lorraine [EMI] (スイート・ロレイン)
Trio, with Osamu Kawakami (bass), Jimmy Takeuchi (drums)

1982 (50才)
09.Once in a While [Spinnster]
Most tracks sextet, with Pete Minger (flugelhorn), John Swan (flugelhorn, trumpet), Bill Prince (flugelhorn, trumpet, tenor sax), Lew Berryman (bass), Norman "Red" Hawley (drums); one track septet, with Nancy Weckwerth (French horn) added; in concert

1986 (54才)
10.By Request [Solo Art] ※Solo Art SACD-104
Trio, with Milt Hinton (bass), Bobby Rosengarden (drums)

1990 (58才)
11.Those Quiet Days [Sunnyside](※Venus / I Can't Believe That You're In Love With Me 恋のためいき
Trio, with Kevin Eubanks (guitar), Rufus Reid (bass)

1992 (60才)
12.By Request [Solo Art] ※Solo Art SACD-104
Solo piano

1994 (62才)
13.Zoot's Hymns [Sunnyside](※Venus / When Your Lover Has Gone 恋去りしとき
Quartet, with John Doughten (tenor sax), Phil Flanigan (bass), Danny Burger (drums)

1996 (64才)
14.Portrait in Black and White [Sunnyside](※Venus / 黒と白の肖像※SACD
Trio, with Don Wilner (bass), James Martin (drums)

1997 (65才)
15.Haunted Heart [Sunnyside](※Venus / 魅せられし心※SACD
Trio, with Ray Drummond (bass), Ben Riley (drums)

1998 (66才)
16.Speaking to Jobim [Sunnyside] (※Venus / 愛の語らい~ジョビン作品集
Trio, with Jay Leonhart (bass), Terry Clarke (drums)

1998 (66才)
17.Again [Venus] (アゲイン)
Trio, with Ray Drummond (bass), Ben Riley (drums)

1999 (67才)
18.Time on My Hands [Arbors]
Solo piano

2000 (68才)
19.Don't Smoke in Bed [Venus] (ベッドで煙草はよくないわ)
Trio, with John Pizzarelli (guitar), Jay Leonhart (bass)

2001 (69才)
20.Bewitched [Venus](魅惑のとりこ) ※SACD
Trio, with Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2001 (69才)
21.Smoke Gets in Your Eyes [Venus](煙が目にしみる)※SACD
Quartet, with Scott Hamilton (tenor sax), Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2002 (70才)
22.Dear Old Stockholm [Venus] (懐かしのストックホルム)※SACD
Trio, with Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums) (リーダーズ・ リクエストによるアルバム)

2002 (70才)
23.My Foolish Heart [Venus] (マイ・フーリッシュ・ハート)※SACD
Quartet, with Scott Hamilton (tenor sax), Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2003 (71才)
24.You Don't Know What Love Is [Venus] (あなたは恋を知らない)※SACD Hybrid
Solo piano

2003 (71才)
25.Moonlight Becomes You [Venus] (ムーンライト・ビカムズ・ユー)
With Joe Locke (vibes) Joe Cohn (guitar), Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums); plus strings

2004 (72才)
26.If Dreams Come True [Venus](イフ・ドリームス・カム・トゥルー)※24k GOLD DISC
Trio, with Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2004 (72才)
27.Christmas Songs [Venus] (クリスマス・ソングス)
Trio, with Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2004 (72才)
28.My Funny Valentine [Venus] (マイ・ファニー・バレンタイン)※SACD
Quartet, with Scott Hamilton (tenor sax), Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2005 (73才)
29.Amor [Venus] (アモール)※24k GOLD DISC
Trio, with Sean Smith (bass), Joe Ascione (drums)

2006 (74才)
30.Christmas Songs 2 [Venus] (クリスマス・ソングスⅡ)
Most tracks trio, with George Mraz (bass), Ben Riley(drums); two tracks quartet, with Scott Hamilton (tenor sax) added

2006 (74才)
31.A Fine Romance [Venus] (素敵なロマンス)
Trio, with Jay Leonhart (bass), Mark Taylor (drums)

2006 (74才)
32.A Lovely Way to Spend an Evening [Venus] (恋に過ごせし宵)
Trio, with Jay Leonhart (bass), Mark Taylor (drums)

2006 (74才)
33.Secret Love [Venus] (秘密の恋)
Trio, with Jay Leonhart (bass), Mark Taylor (drums)

2006 (74才)
34.You Are Too Beautiful [Venus] (美しすぎるあなた)
Trio, with Jay Leonhart (bass), Mark Taylor (drums)

2006 (74才)
35.It's Magic [Venus] (イッツ・マジック)※SACD
With Scott Hamilton (tenor sax), Ken Peplowski (tenor sax, clarinet), Jay Leonhart (bass), Ben Riley (drums) (リーダーズ・ リクエストによるアルバム)

2008 (76才)
36.A Handful of Stars [Venus] (ハンドフル・オブ・スターズ)※SACD
With Scott Hamilton (tenor sax), Ken Peplowski (tenor sax, clarinet), Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)

2008 (76才)
37.Standards By Request 1st Day [Venus] ※SACD
Solo piano (リーダーズ・ リクエストによるアルバム)

2008 (76才)
38.Standards By Request 2nd Day [Venus] ※SACD
Solo piano (リーダーズ・ リクエストによるアルバム)

2008 (76才)
39.Portraits of Love [Venus] ※SACD
Trio, with Jay Leonhart (bass), Joe Ascione (drums)


この他にも、

wiki:"Eddie Higgins"には掲載されていないけれども、


1957-65 (25才-33才)
40.Greito Trio Seesions [Phono]
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)

1994 (62才)
41.Eddie Higgins In Chicago [Solo Art]
Trio, with John Bany (bass), Marshall Thompson (drums)

1999 (67才)
42.Live At The Van Dyke Cafe in miami beach [Don Wilner]
Duo, with Don Wilner(double bass)

2000 (68才)
43.Live At The Dakota [T.C.JAZZ RECORDS]
Trio, with Reuben Ristrom (guitar), Brian Torff (bass)

2003 (71才)
44.Tenderly [Venus] (ザ・ベスト・オブ・エディ・ヒギンズ)
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)

2004 (72才)
45.Live At The Firefly Club [PKO RECORDS]
Trio, with Paul Keller (string bass), Ed Metz,Jr, (drums)

2005 (73才)
46.Live At The Dakota whats New? [T.C.JAZZ RECORDS]
Trio, with Reuben Ristrom (guitar), Brian Torff (bass)

2005 (73才)
47.Ballad Higgins [Venus] (バラード・ヒギンズ)
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)

2005 (73才)
48.Standard Higgins [Venus] (スタンダード・ヒギンズ)
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)

2009 (77才)
49.Essential Ballads Best [Venus](エッセンシャル・バラード・ベスト)
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)VHCD-78099

2009 (77才)
50.Essential Standards Best [Venus](エッセンシャル・スタンダード・ベスト)
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム)VHCD-78100

2009 (77才)
51.Essential Best [Venus](エッセンシャル・ベスト )
Eddie Higgins Trio(ベストアルバム) VHCD-78207


そして、


2009 (- -才)
52.Best Of Best [Venus](ベスト・オブ・ベスト )
Eddie Higgins Trio(追悼盤/2枚組) VHCD-2116

2009 (- -才)
53.Jazz Standards Essential Best [Venus](ジャズ・スタンダード・エッセンシャル・べスト )
Eddie Higgins Trio(追悼盤) VHCD-78213

2009 (- -才)
54.Essential Romance [Venus](エッセンシャル・ロマンス )
Eddie Higgins Trio(追悼盤) VHCD-78214

2009 (- -才)
55.Romantic Higgins [Venus](ロマンティック・ヒギンズ )
Eddie Higgins Trio(追悼盤) VHCD-78215


赤字:現在持っているCD。

尚、

Eddie Higgins さんの Discographyに関しては、

"Eddie Higgins Discography 1956 - 2008"に詳細が記載されている。

“Eddie Higgins さんの Discography2 & Meredith d'Ambrosio の 17 albums”の続きを読む>>
つれづれの音楽 | 【2019-06-28(Fri) 21:28:09】
Trackback:(0) | Comments:(0)
七枚の愛聴盤
但し、

"サブシステム"での。


Portrait in Black and White
20190606zaP2G2519187W.jpg
TKCZ-36028 March 25&26,1996

Haunted Heart
2019060751negqVYTNLSY355.jpg
SSC-1080D June 28,1997

Time on My Hands
20190617780941123623.jpg
ARCD-19236 December 1&2,1999

期せずして、

アルバムジャケットは3枚とも" Meredith d'Ambrosio(ヒギンズさんの奥様)"の絵。

そしてこちらは"SACD"。

Smoke Gets in Your Eyes
20190602zaP2G2508045W.jpg
TKGV-9 2001年10月2日、3日

My Foolish Heart
201906054571292516525.jpg
VHGD-34 2002年9月26日、27日

When I Look In Your Eyes
20190614zaP2G4000408W.jpg
Verve 440 065 374-2


と、

"SACD"ではないけれども、

もう一枚。

By Request
2019062091epfpuVmbLACUL480QL65.jpg
SACD-104 August 5,1986/pino solos 1992


おかげさまで、

少なくとも"ジャズ系"は、

"通常盤CD"でも何とか楽しめるようになってきた。

今般、

"セッティング"で、

"音がよくなる"ことをあらためて実感させられた。

つれづれの音楽 | 【2019-06-25(Tue) 08:19:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
無事退院!
\(^o^)/

SANSUI AU-α907Limited
20130429sansui907limoted.jpg
外形寸法 幅466×高さ166×奥行453mm 重量 34.0kg
発売は「1994年」。
“アクアオーディオラボ”さんに入院予定入院中。退院。


パワーアンプ

JOB150(mono)
2030430JOB150.jpg
外形寸法 幅150×高さ75×奥行295mm 重量 4kg
※秋葉原に入院予定(1台)。入院中。退院。


治療費は、

おかげさまですm(_ _)m。

養子縁組先で、

末永くお元気でお過ごし下さい。



プリアンプ

McIntosh C40
20130430c40.jpg
外形寸法 幅445×高さ137×奥行432mm 重量 12kg
養子縁組予定。養子縁組成立。


コネクターケーブル

ACROLINK 6N-A2110II RCA(1.0m)×2本×1セット ※養子縁組予定養子縁組成立。


電源ケーブル

ACROLINK 6N-PC4023(1.8m)×1本 ※養子縁組予定養子縁組成立。
KIMBER KABLE PK-10 GOLD(1.8m)×1本 ※養子縁組予定養子縁組成立。
ESOTERIC 8N-PC8100(1.5m)×1本 ※養子縁組予定養子縁組成立。

つれづれの音楽 | 【2019-06-23(Sun) 19:51:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
愛聴盤
せっかく"SACD盤"を購入したのだけれども、

結局、

"サブシステム"で聴くのは"通常盤"で落ち着いてしまった。


ポートレイト・イン・ブラック&ホワイト
Eddie Higgins Trio

20190606zaP2G2519187W.jpg
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
TKCZ-36028 VENUS RECORDS


録音:1996年3月25日&26日 New River Studios, Fort Lauderdale,Florida


とにかく、

"通常盤"の方が落ち着いて聴いていられる。

"SACD盤"は、

音が重い・・・。


黒と白の肖像
Eddie Higgins Trio

20190616zaP2G2864619W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
VHGD-210 VENUS RECORDS


つれづれの音楽 | 【2019-06-21(Fri) 07:58:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
By Request
"そういうこと"だったのかぁ・・・。


以前の録音が、

CDにするにはトータル時間が少なかったので、

"5曲のソロ演奏"を新たに録音して追加したということ。


By Request
Eddie Higgins

2019062091epfpuVmbLACUL480QL65.jpg
録音:August 5, 1986 & Early 1992(Solo piano)

1. St. Louis Blues 3:43
2. Georgia On My Mind 3:55
3. Old Folks 4:25(Solo piano)
4. Sweet Georgia Brown 3:07
5. A Hundred Years From Today 4:14
6. Eustis Rag 1:51
7. Carinhoso 3:02(Solo piano)
8. Body And Soul 4:08
9. We'll Be Together Again 4:09(Solo piano)
10. Back Home In Indiana 4:15
11. What's New 4:00
12. Magnolia Rag 2:25(Solo piano)
13. As Time Goes By 3:47
14. Sleigh Ride 3:49
15. Squeeze Me 2:32(Solo piano)
16. Little Rock Getaway 2:24


"Eddie Higgins Discography 1956 - 2008"より

Date: August 5, 1986
Location: ERAS Recording Studio, New York City
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p), Milt Hinton (b), Bobby Rosengarden (d)

a. St. Louis Blues - 3:43(W. C. Handy)
b. Georgia On My Mind - 3:55(Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell)
c. Sweet Georgia Brown - 3:07(Maceo Pinkard, Kenneth Casey, Ben Bernie)
d. A Hundred Years From Today - 4:14(Victor Popular Young, Ned Washington, Joseph Young)
e. Eustis Rag - 1:51(Eddie (Haydn) Higgins)
f. Body And Soul - 4:08(Edward Heyman, Robert B. Sour, John W. "Johnny" Green)
g. Back Home Again In Indiana - 4:15(James Hanley, Ballard MacDonald)
h. What's New - 4:00(Robert Sherwood (Bob) Haggart, Johnny Burke)
i. As Time Goes By - 3:47(Herman Hupfeld)
j. Sleigh Ride - 3:49(Leroy Anderson, Mitchell Parish)
k. Little Rock Getaway - 2:24(Joe Sullivan)

All titles on:
Statiras LP 12"SLP 8079 — By Request
Solo Art CDSACD 104 — Eddie Higgins - By Request

This recording came about as a direct result of a festival in Indianapolis called JAM, an acronym for Jazz Artists Musicale, which I played for 10 consecutive Julys in the 80's and 90's. One particular set in 1986 with Milt Hinton and Bobby Rosengarden caught the attention of Renzie Hamilton and Gus Statiras and they approached me that very afternoon with the idea of doing an LP with the same trio. Renzie would finance it and Gus would issue it on his Statiras label. The following month, I flew down to New York and recorded (in one afternoon) what has turned out to be the best-selling record of my career. In 1992, George Buck (the New Orleans jazz impresario) bought the master from Gus and asked me to record some more material, so as to bring the total time up to CD standards. So I went into a Chicago studio and did the solo tracks that now appear on George's Solo Arts label. E.H.


Date: Early 1992
Location: Chicago Recording Co., Chicago
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)

a. Old Folks - 4:25(Willard Robison, Dedette Lee Hill)
b. Carinhoso - 3:02(Joao De Barro, Pixinguinha)
c. We'll Be Together Again - 4:09(Carl Fischer, Frankie Laine)
d. Magnolia Rag - 2:25(Eddie (Haydn) Higgins)
e. Squeeze Me - 2:32(Thomas "Fats" Waller, Clarence Williams)

All titles on:
Solo Art CDSACD 104 — Eddie Higgins - By Request

つれづれの音楽 | 【2019-06-20(Thu) 20:18:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Portrait In Black And White
持ってはいるのだけれども、


ポートレイト・イン・ブラック&ホワイト
Eddie Higgins Trio

20190606zaP2G2519187W.jpg
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
TKCZ-36028 VENUS RECORDS



"タワーレコード"より"Amazon"が、

一割ほど安かったので、

買ってしまった。

それにしても、

少なくとも"このCD"に関しては、

"音の違い"がそれほど感じられない。

"メインシステム"と同様に、

それぞれが楽しめる。

もしかしたら、

"サブシステム"を、

何だかんだといじくった、

効果が現れているのかもしれない・・・。

(※《"SETTEN"PRO》が効いたかな?)


黒と白の肖像
Eddie Higgins Trio

20190616zaP2G2864619W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
VHGD-210 VENUS RECORDS


録音:1996年3月25日&26日 New River Studios, Fort Lauderdale,Florida
Album Art: Meredith d'Ambrosio(ヒギンズさんの奥様)

1.Lullaby of the Leaves(木の葉の子守唄) 08:38
2.Danny Boy(ダニー・ボーイ) 04:42
3.What Is This Thing Called Love(ホワット・イズ・ジス・シング・コールド・ラブ) 05:04
4.Liebeslied(リーベスリード 06:42
5.Refrato em Branco E Preto (Zingaro)(レトラト・エン・ブランコ・エ・プレト) 06:37
6.Siciliano(シシリアーノ) 06:36
7.Just in Time(ジャスト・イン・タイム) 06:17
8.Pavane(パバーヌ) 04:22
9.The Dolphin / Someone To Light Up My Life(メドレー ザ・ドルフィン / サムワン・トゥ・ライト・アップ・マイ・ライフ) 05:52
10.Dance Only With Me(ダンス・オンリー・ウィズ・ミー) 05:21
11.Vocalise(ボカリース) 05:13

つれづれの音楽 | 【2019-06-20(Thu) 12:32:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
時代の変遷・・・
PCオーディオ、ネットワークオーディオ、ハイレゾ・・・。



つれづれの音楽 | 【2019-06-19(Wed) 07:48:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
サブシステム
令和元年六月十八日現在。


〇サブシステム


SACDプレイヤー

DENON DCD-CX3
20180518DCD-CX3_D.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行310mm 重量 7.0kg


プリメインアンプ

DENON PMA-CX3
20190518EPMA-CX3.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行341mm 重量 5.5kg


スピーカー(シングルワイヤー)

VICTOR SX-V1-M+LS-V1-M
20190518sx-v1-m.jpg
外形寸法 幅200×高さ340×奥行263mm 重量 8.0kg
※スピーカースタンド LS-V1-M:外形寸法 幅260×高さ525×奥行330mm 重量 ーkg


コネクターケーブル

ACROTEC 8N-A2080 RCA(0.6m)×2本(※ラインケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠)
20190612acrtec8nrca1.jpg
※このケーブルの印象について、"あるブログ"に「高画質デジタル写真を良く撮れたアナログ写真調に程よく変換した感じ」と書かれていた。正に、言い得て妙。同感である。
※メーカーの説明書きには"8N素材自体に方向性はない"と記されてはいるけれども、このサブシステムでは"方向性"で若干の音質傾向が違うように感じられたので、単純に"好み"で"ホワイトゴールドリング(シルバー)"側を送信側(DCD-CX3)に"ゴールドリング"側を受信側(PMA-CX3)へ接続した。


電源ケーブル

"自作ケーブル"
Acrolink 6N-P4030(4.0m)×1本(※パワーケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠の親戚)
Acrolink 6N-P4020Ⅱ(1.5m)×1本
Ortofon 7N-PSC 3.5S(1.5m)×1本


スピーカーケーブル

ACROLINK 6N-S1040(1.8m)×2本(※スピーカーケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠)
20190617b010951121362740.jpg

20190617333bc6.gif


パワー(コンセント)タップ

the j1 project PT-4 ×1台
20190618audiopowerdistributionthej1projectpt4.jpg



因みに、

"サブシステム"の"音決め(調整)"に使用したCD。


煙が目にしみる
Eddie Higgins 、 Scott Hamilton

20190602zaP2G2508045W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングルレイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND



はっきり言って、

今般の"音決めの基準"は、

ヒギンズさんのピアノもさることながら、

"スコット・ハミルトンさんのテナーサックスの音色"。

尚、

サブシステムのセットアップにかかった費用は、

"厚さ5mmの天然ゴム系スポンジ"×2枚と、

"厚さ3mmの天然ゴム"×2枚、

サイズは 300mm×300mm。

そして、

以前使用していた"吸音材"を壁に張り付けるために買った"両面テープ"。

トータルで2,107円(消費税込み)。

とりあえず、

これで、

一段落。

つれづれの音楽 | 【2019-06-18(Tue) 19:33:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Solo piano by Mr. Eddie Higgins
備忘つぶやき。

エディ・ヒギンズさんの"ソロピアノ作品"は以下の5枚。

但し、

1992年録音の"By Request [Solo Art]"については詳細が不明。


① 1992年(60才)
By Request [Solo Art]


"JazzDiscography.com"によれば、

Date: Early 1992
Location: Chicago Recording Co., Chicago
Eddie Higgins (ldr), Eddie Higgins (p)
a. Old Folks - 4:25(Willard Robison, Dedette Lee Hill)
b. Carinhoso - 3:02(Joao De Barro, Pixinguinha)
c. We'll Be Together Again - 4:09(Carl Fischer, Frankie Laine)
d. Magnolia Rag - 2:25(Eddie (Haydn) Higgins)
e. Squeeze Me - 2:32(Thomas "Fats" Waller, Clarence Williams)
All titles on: Solo Art CDSACD 104 — Eddie Higgins - By Request


② 1999年(67才)
Time on My Hands [Arbors]


Time On My Hands
Arbors Piano Series Vol. 6
Eddie Higgins

20190617780941123623.jpg
Recorded: December 1 and 2,1999 at New River Studios Fort Lauderdale,Florida

1.Can't Get Out of This Mood 04:31
2.Zigeuner 06:02
3.I Hadn't Anyone Till You 04:41
4.Lucky to Be Me 05:12
5.You and the Night and the Music 03:13
6.Ruby 04:19
7.You Turned the Tables on Me 04:47
8.Handful of Stars 06:20
9.Sleepin' Bee 04:23
10.Say It Isn't So 06:25
11.Time Medley: I Didn't Know What Time It Was: Time Was: Time on My Hands 07:35
12.Nina Never Knew 04:00
13.Stairway to the Stars 04:53
14.Blues Serenade 03:03


③ 2003年(71才)
You Don't Know What Love Is [Venus]
(あなたは恋を知らない)


あなたは恋を知らない
Eddie Higgins

20190609zaP2G2455515W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACDHybrid】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND


録音:2003年7月4日 BSTスタジオ、東京
ピアノ: ベーゼンドルファー・インペリアル

1.When You Wish Upon A Star(星に願いを) 03:49
2.My Funny Valentine(マイ・ファニー・バレンタイン) 05:34
3.Detour Ahead(ディトゥア・アヘッド) 05:44
4.Beautiful Love(ビューティフル・ラブ) 03:21
5.Dance Only With Me(ダンス・オンリー・ウィズ・ミー) 03:55
6.Danny Boy(ダニー・ボーイ) 04:59
7.All This And Heaven Too(オール・ジス・アンド・ヘブン・トゥ) 04:21
8.Yellow Days(イエロー・デイズ) 04:34
9.Skylark(スカイラーク) 03:56
10.Again(アゲイン) 04:04
11.You Don't Know What Love Is(あなたは恋を知らない) 05:22
12.Over The Rainbow(虹の彼方に) 04:15


④ 2008年(76才)
Standards By Request 1st Day [Venus]
(リーダーズ・ リクエストによるアルバム)


スタンダーズ・バイ・リクエスト vol.1
エディ・ヒギンズ・ソロ・ピアノ
Eddie Higgins

20190609zaP2G6289621W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND


録音:2008年8月29日 東京、オーディオ・シティ・スタジオ

1.It's Magic(イッツ・マジック) 04:51
2.Easy Living(イージー・リビング) 03:38
3.Gone With The Wind(風と共に去りぬ) 03:42
4.I Gotta Right To Sing The Blues(ブルースを歌おう) 03:46
5.Dear Old Stockholm(懐かしのストックホルム) 02:52
6.I Thought About You(アイ・ソート・アバウト・ユー) 04:07
7.You'd Be So Nice To Come Home To(あなたのそばに帰りたい) 03:29
8.My Old Flame(マイ・オールド・フレイム) 04:45
9.Once Upon A Summertime(ワンス・アポン・ア・サマータイム) 0348
10.Smoke Gets In yours Eyes( 煙が目にしみる) 03:55
11.Portrait In Black And White(黒と白の肖像) 03:58
12.In The Wee Small Hours(イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ) 05:08
13.The Man I Love(私の彼氏) 03:36
14.These Foolish Things(ジーズ・フーリッシュ・シングス) 0418
15.Stella By Starlight(星影のステラ) 04:05


⑤ 2008年(76才)
Standards By Request 2nd Day [Venus]
(リーダーズ・ リクエストによるアルバム)


スタンダーズ・バイ・リクエスト vol.2
エディ・ヒギンズ・ソロ・ピアノ
Eddie Higgins

20190609zaP2G6301742W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND


録音:2008年8月30日 東京、オーディオ・シティ・スタジオ

1.If Dreams Come True(イフ・ドリームス・カム・トゥルー) 03:10
2.Dancing In The Dark(ダンシング・イン・ザ・ダーク) 03:40
3.I Didn't Know About You(あなたのことはわからない) 04:14
4.How Long Has This Been Going On(いつの頃からか) 04:54
5.I Don't know What Time It Was(時さえ忘れて) 03:34
6.Don't Explain(ドント・エクスプレイン) 04:25
7.Ill Wind(イル・ウィンド) 03:38
8.In A Sentimental Mood(イン・ア・センチメントル・ムード) 04:06
9.Brownsburg Blues(ブラウンズバーグ・ブルース) 03:25
10.Corcovado(コルコバード) 05:07
11.Street Of Dreams(ストリート・オブ・ドリームス) 03:39
12.Time On My Hands(タイム・オン・マイ・ハンズ) 03:13
13.My One And Only Love(マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ) 05:24
14.The Things We Did Last Summer(過ぎし夏の思い出) 05:53
15.By Myself(バイ・マイ・セルフ) 03:34

つれづれの音楽 | 【2019-06-18(Tue) 19:20:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
マイ・オーディオシステムの現状
令和元年六月十七日現在。

メモ代わりに・・・。


◎メインシステム


プリアンプ

GOLDMUND Mimesis SR PRE2 Evolution
20130430hon1866-img600x437-1366541151czfntg14440.jpg
外形寸法 幅300×高さ65×奥行295mm 重量 4:5 kg


パワーアンプ

JOB150(mono)× 2台
2030430JOB150.jpg
外形寸法 幅125×高さ50×奥行200mm 重量 4:0kg


SACDプレイヤー

DENON DCD-SA1
20130430dcdsa1t02200074_0500016911758124652.jpg
外形寸法 幅434×高さ150×奥行410mm 重量 21.8kg


アイソレーショントランス

Assistance Design AIT-160TW/DUO × 1台(Mimesis SR/DCD-SA1)
20130430duo.jpg20130430duo2.jpg
外形寸法 幅120×高さ185×奥行325mm 重量 10.5kg

Assistance Design AIT-800R × 1台(JOB150× 2台)
20190518m866872201.jpg20190518m866872202.jpg
外形寸法 幅120×高さ205×奥行325mm 重量 14kg


スピーカー(バイワイヤー)

Acustik-Lab Stella Melody
2013430stella-melody.jpg
外形寸法 幅225×高さ400×奥行300mm 重量 10kg
※スピーカースタンド ステラ・フォルティス:外形寸法 高さ:570mm 重量 8kg
※以前はSTWはセットせずに聴いていたのだけれども・・・。


スーパーツイーター

ムラタ ES-105 × 2
20130430es105.jpg
外形寸法 幅90×高さ65×奥行118mm 重量 1.1kg
※正直、音はほとんど聞こえないのだけれども、これをセットすると、ベールを一枚はがしたような、いわば"空気感"が間違いなく変わる。


コネクターケーブル

ACROLINK 6N-A2400II RCA(1.0m)×2本
ACROLINK 8N-A2080II RCA(1.0m)×2本


電源ケーブル

ACROLINK 6N-P4030PC(1.5m)×2本(自作加工)
ACROLINK 6N-PC4030(1.5m)×2本(自作ケーブル)
KIMBER KABLE PK-14 GOLD(1.8m)×1本
オヤイデL/i50 EXs(1.8m)スターカッドケーブル×1本
ESOTERIC 8N-PC8000(1.5m)STARQUAD×1本


スピーカーケーブル

Harmonix HS-101(1.5m)×2本(1set)
武藤製作所 Aug-Line SuperTW SP cable(1.5m)×2本(1set) ※ケガのため秋葉原に入院予定。無事退院。
※"Aug-Line SuperTW SP cable(1.5m)《スーパーツイーター専用》"をセットするのは約8年振りだ。「3.11」で"ケガ"をして以来ほとんど使用していなかった。

【ジャンパーケーブル】 WIRE WORLD JUMPATS SPU ×4本


パワー(コンセント)タップ

Chikuma 75M-1400 ×1台



〇サブシステム


SACDプレイヤー

DENON DCD-CX3
20180518DCD-CX3_D.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行310mm 重量 7.0kg


プリメインアンプ

DENON PMA-CX3
20190518EPMA-CX3.png
外形寸法 幅300×高さ80×奥行341mm 重量 5.5kg


スピーカー(シングルワイヤー)

VICTOR SX-V1-M + LS-V1-M
20190518sx-v1-m.jpg
外形寸法 幅200×高さ340×奥行263mm 重量 8.0kg
※スピーカースタンド LS-V1-M:外形寸法 幅260×高さ525×奥行330mm 重量 ーkg
※小型スピーカーだけれども、間違いなく国産の名器だと思う。特にボーカル再生に秀でている(専用スタンドは必需品!間違いなく、"スタンドと一体"で音作りはされている)。


コネクターケーブル

ACROTEC 8N-A2080 RCA(0.6m)×2本(※もう一人?の師匠)


電源ケーブル

"自作ケーブル"
Acrolink 6N-P4030(4.0m)×1本
Acrolink 6N-P4020Ⅱ(1.5m)×1本
Ortofon 7N-PSC 3.5S(1.5m)×1本


スピーカーケーブル

ACROLINK 6N-S1040(1.8m)×2本(※ケーブルで音が変わることを教えてもらった師匠)


パワー(コンセント)タップ

the j1 project PT-4 ×1台



居眠り中


CDプレイヤー

DENON DCD-S1
20130429denondcds1.jpg
外形寸法 幅434×高さ164.5×奥行395mm 重量 20kg
発売は“山水”のプリメインアンプと同じ「1994年」。
※体調不良


プリメインアンプ

DENON PMA-9.5
20190518pma9_5.jpg
外形寸法 幅250×高さ113×奥行375mm 重量 7.2kg
※入院歴あり

SANSUI AU-α907Limited
20130429sansui907limoted.jpg
外形寸法 幅466×高さ166×奥行453mm 重量 34.0kg
発売は「1994年」。
“アクアオーディオラボ”さんに入院予定。入院中。


プリアンプ

McIntosh C40
20130430c40.jpg
外形寸法 幅445×高さ137×奥行432mm 重量 12kg
養子縁組予定。養子縁組成立。


パワーアンプ

JOB150(mono)× 2台
2030430JOB150.jpg
外形寸法 幅150×高さ75×奥行295mm 重量 4kg
※秋葉原に入院予定(1台)。入院中。


スピーカー

Bolero Nuvo(バイワイヤー) 
201304300120000018762.jpg
外形寸法 幅225×高さ400×奥行275mm 重量 12kg
※音楽のジャンルを問わず音が一番魅力的。

DENON SC-E757 (シングルワイヤー)
20190518sce757.jpg
20190518004.jpg
外形寸法 幅202×高さ344×奥行260mm 重量 8.0kg
※スピーカースタンド ASS-757:外形寸法 幅300×高さ600×奥行300mm 重量 6.5kg
※ほとんど、深夜、音量を絞ってピアノの楽曲しか聴いていなかったのだけれども、STWをセットすると音が低音から高音まで素晴らしく好くなる。


コネクターケーブル

Cryo Audio Technology SC-RCA(1.0m)×2本
ACROTEC 6N-A2200 RCA(1.0m)×2本
ACROLINK 6N-A2110II RCA(0.6m)×2本
ACROLINK 6N-A2110II RCA(1.0m)×2本×2セット ※1セット養子縁組予定養子縁組成立。
ACROLINK 6N-A2110II XLR(1.0m)×2本
ACROLINK 8N-A2080II XLR(1.0m)×2本


電源ケーブル

ACROLINK 6N-PC4023(1.8m)×1本 ※養子縁組予定養子縁組成立。
ACROLINK 6N-PC4030(1.5m)×1本(自作ケーブル)
KIMBER KABLE PK-10 GOLD(1.8m)×1本 ※養子縁組予定養子縁組成立。
KIMBER KABLE PK-14 GOLD(1.8m)×1本
オヤイデL/i50 EXs(1.8m)スターカッドケーブル×1本
ESOTERIC 8N-PC8100(1.5m)×2本 ※養子縁組予定1本養子縁組成立。


スピーカーケーブル

CARDAS CROSSLINK 1S(1.0m)×2本
Harmonix Harmonic Strings HS-101(0.58m)×2本(自作ケーブル)
Harmonix Harmonic Strings HS-101(0.38m)×2本(自作ケーブル)
他(Belden etc)


その他

※秘密兵器 Nanotec-Systems NESPA #1等色々。

つれづれの音楽 | 【2019-06-17(Mon) 19:47:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
音の違いⅡ・・・
恐る恐る、、

最近、

何度も繰り返し聴いている、

"愛聴盤"を比較試聴してみた。


ポートレイト・イン・ブラック&ホワイト
Eddie Higgins Trio

20190606zaP2G2519187W.jpg
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND
TKCZ-36028 VENUS RECORDS



結果、

確かに、

"音の違い"はあるものの、

それはそれで楽しめる。

やはり、

"比較したCD"が悪かったかぁ・・・。


J・S・バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ヒラリー・ハーン

20190616zaP2G1549387W.jpg
SACD[SHM仕様]<初回限定生産>


それはともかく、

"メインシステム"で、


黒と白の肖像
Eddie Higgins Trio

20190616zaP2G2864619W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】
24bit Mastering Venus HYPER MAGNUM SOUND



を、

聴きたくなった。

おそらく、

別世界が広がることだろう・・・。

つれづれの音楽 | 【2019-06-16(Sun) 20:07:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
音の違い・・・
つい、

出来心で、

比較してしまった。

"サブシステム"と"メインシステム"の音の違いを・・・。

比較したCDはこれ。

J・S・バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ヒラリー・ハーン

20190616zaP2G1549387W.jpg
SACD[SHM仕様]<初回限定生産>


結果、

"雲泥の差"だった。

これではとても怖くてジャズのCDは比較できない。

なぜなら、

今のところ、

ジャズは"サブシステム"で一応満足しているので。

それにしても、

これほどまでに違うとは・・・。

驚かされた。

"サブシステム"では、

音の半分も再生できていない。

これが現実だ。

いやはや、

恐れ入った。

"SACD[SHM仕様]<初回限定生産>"盤に。

そもそも、

"比較に使ったCD"が悪かったかぁ・・・。

つれづれの音楽 | 【2019-06-16(Sun) 18:50:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
As sideman Eddie Higgins
知ってはいたけど・・・。

"wiki:Eddie Higgins"によれば、

As sideman

With Meredith d'Ambrosio
1989 South to a Warmer Place
1991 Love Is Not a Game
1993 Shadowland
1995 Beware of Spring!
2001 Love Is for the Birds

With Wayne Shorter
1962 Wayning Moments
2002 All or Nothing at All
2013 Beginnings

With Lee Morgan
1960 Expoobident
2002 Just in Time

With Sonny Stitt
2000 Sonny, Sweets, and Jaws: Live at Bubba's
2001 No Greater Love
2004 Just Friends: Live at Bubba's Jazz Restaurant 1981

With Warren Vaché
1999 Mrs. Vache's Boys
2007 Remember

With Chuck Hedges
1992 No Greater Love
2001 Just for Fun

With others
1957 This Is Lucy Reed, Lucy Reed
1959 Touff Assignment, Cy Touff
1961 Brilliant, Don Goldie
1961 The Thinking Man’s Trombone Al Grey
1963 Sextet in Person, Jack Teagarden
1985 The Great Fontana, Carl Fontana
1992 The Wonderful World of George Gershwin, George Masso
1996 A Time for Love, John Doughten
1996 Stolen Goods, Betty Dickson
1997 Double Rainbow, Rebecca Parris
1999 Great Duets, Jay Leonhart
2001 Indian Summer, Greg Fishman
2005 Hot & Blue Vol. 1–2, Bill Allred
2016 One Night in Indy, Wes Montgomery

少なくともこの他に、

"relaxin" with Sandy Morse
No Greater Love Chuck Hedges


赤字:(今のところ、)持っているCD。

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 20:32:24】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Don Goldie/Brilliant !
"ALlL MUSIC"を見ていて気がついた。

たしか・・・、

あった!


Brilliant !
Don Goldie

2019061551hSzUiDX6LSS500.jpg
with: Eddie Higgins, Richard Evans, James Cobb, Fred Rundquist

録音:1961年1月 シカゴ

28才と11ヶ月のヒギンズさん。

もしかしたら、

まだ持っているかも知れない・・・。

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 20:32:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
One Night in Indy
ヒギンズさんのリーダーアルバムではないけれども、

ワン・ナイト・イン・インディ
Wes Montgomery

201906144909346010895.jpg
with: Eddie Higgins Trio

録音:1959年1月


ということは、

ヒギンズさんは1932年2月21日生まれなので、

26才の時の録音だ。


こちらも、

ライブ・アット・バッバス
Sonny Stitt

20190614zaP2G2912261W.jpg
with: Eddie Higgins 、Donn Mast 、Duffy Jackson 、Eddie "Lockjaw" Davis 、Harry Edison

"ソニー・スティット"さんが亡くなる7ヶ月前の録音(1982年)だそうだ。

ヒギンズさん50才前後。

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 17:35:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Great Trio Sessions
ネットで注文した。

Great Trio Sessions
Eddie Higgins

201906148436563180552.jpg

「上品かつエレガントなピアノ・プレイで人気のエディ・ヒギンズのキャリア初期(1957-65年録音)の3作品をカップリング。若々しいバップ演奏からソフィスティケイトされたサウンドへの成長、変化も楽しめるピアノ・トリオ演奏。さらに、『EDDIE HIGGINS』制作時のセッション音源よりクインテット編成による4トラックを追加収録。16Pブックレット付き。」

「1957-65年録音」ということは、

ヒギンズさんは1932年2月21日生まれなので、

25才~33才の時の録音。

是非、聴いてみたい。


つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 13:02:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Lee Morgan/EXPOOBIDENT
気がつかなかった。

リー・モーガンは好きなトランぺッターの一人で、

アルバムも数枚(十数枚?)持ってはいるけれども、

ヒギンズさんと共演していたとは知らなかった。


エクスプービデント
Lee Morgan

2019061551l9y268oLLSY355.jpg
with: Eddie Higgins; Art Blakey; Art Davis; Clifford Jordan


録音は1960年10月14日(シカゴ)なので、

ヒギンズさんが28才の時だ。

リー・モーガンさんには申し訳ないけど、

今回はピアノの演奏をメインに聴かせてもらおう。

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 10:09:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
持っていないCD
"ベストアルバム"だけれど、

どうしよう、

BGM用に注文しようかなぁ・・・。


エッセンシャル・ベスト
Eddie Higgins

20190614zaP2G7246213W.jpg
Venus Records

1.マイ・ファニー・バレンタイン 05:44
2.マイ・ロマンス 06:04
3.サムシング・クール 04:10
4.ビューティフル・ラブ 03:36
5.イッツ・ア・ロンサム・オールド・タウン 07:34
6.懐かしのストックホルム 05:59
7.ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ 05:40
8.ムーンライト・ビカムズ・ユー 04:46
9.シェルブールの雨傘 05:45
10.あなたの家に帰りたい 07:02
11.ある恋の物語 04:13
12.枯葉 05:16
13.エイプリル・イン・トリノ 06:09


エッセンシャル・スタンダード・ベスト
Eddie Higgins Trio

20190614zaP2G2519312W.jpg
Venus Records

1.アイ・シュッド・ケア 05:11
2.恋人よ我に帰れ 06:57
3.マイ・フーリッシュ・ハート 06:35
4.枯葉 04:38
5.魅惑のとりこ 04:18
6.ムーンライト・ビカムズ・ユー 05:06
7.ビギン・ザ・ビギン 05:08
8.ムーン・アンド・サンド 03:16
9.素敵なロマンス 05:23
10.恋に過ごせし宵 04:12
11.涙のかわくまで 06:00
12.夜の静けさに 04:33
13.ライク・サムワン・イン・ラブ 06:31


エッセンシャル・バラード・ベスト
Eddie Higgins Trio1.

20190614zaP2G2519161W.jpg
Venus Records

1.魅せられし心 04:39
2.アゲイン 03:21
3.イエロー・デイズ 04:08
4.時のたつまま 05:07
5.ブレイム・イット・オン・マイ・ユース 04:49
6.虹の彼方に 04:57
7.愛の悲しみ 04:51
8.ウィロー・ウィープ・フォー・ミー 06:59
9.ムーンライト・セレナーデ 05:09
10.バット・ビューティフル 04:24
11.ゴースト・オブ・ア・チャンス 06:06
12.バークリー・スクウェアのナイチンゲール 04:51
13.ユー・アー・トゥー・ビューティフル 04:50


ロマンティック・ヒギンズ
Eddie Higgins

20190614zaP2G2579249W.jpg
Venus Records

1.あなたは恋を知らない 05:27
2.マイ・ファニー・バレンタイン 05:38
3.虹の彼方に 04:20
4.ダニー・ボーイ 05:06
5.アゲイン 04:10
6.イッツ・マジック 04:56
7.ワンス・アポン・ア・サマータイム 03:54
8.マイ・オールド・フレイム 04:50
9.イージー・リビング 03:41
10.煙が目にしみる 04:00
11.イフ・ドリームス・カム・トゥルー 03:14
12.コルコバード 05:11
13.過ぎし夏の思い出 03:57
14.いつの頃から 04:58
15.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ 05:25


もう一枚、

"追悼盤(2枚組)"があった。

エディ・ヒギンズ・トリオ・ベスト・オブ・ベスト
Eddie Higgins Trio

20190614zaP2G7144256W.jpg
Venus Records

CD1
1.ロマンティックじゃない 03:57
2.ラッシュ・ライフ 05:30
3.メドレー 祇園小唄 / 京都ブルース 07:53
4.ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス 07:57
5.ハウ・インセンシティブ 05:01
6.ダンス・オンリー・ウィズ・ミー 05:24
7.木の葉の子守唄 08:42
8.ブラック・コーヒー 05:37
9.ベッドで煙草はよくないわ 04:26
10.ファイツ・ネバー・モア 04:36

CD2
1.フェリシダージ 06:28
2.ブルー・プレリュード 04:43
3.ユー・マスト・ビリーブ・イン・スプリング 05:11
4.ウィ・ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン 04:01
5.イット・ネバー・エンタード・マイ・マインド 05:21
6.アモール 05:24
7.カリニョーソ 03:56
8.イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー 06:18
9.酒とバラの日々 06:51
10.世の人忘るな 04:30

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 08:26:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
雨の日
本日は朝から雨。

標高1000mは肌寒い。

久しぶりにストーブをつけた。

それにしても、

雨の日は"音"がよい。

気のせいかもしれないけれども、

"音"が澄んで聴こえる・・・。

20190518sx-v1-m.jpg


"ペーパーコーン"なので、

"湿気"に影響されない、

ということはないだろう・・・。

今朝は、

何時もより、

潤みを帯びた柔らかい音を奏でてくれている。

つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 07:51:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
The Girl In The Other Room
アルバム(CD)は持っていないけれども、

"このサイト"で全曲が聞ける。

Stop This World


気さくな女性(ひと)だ。



つれづれの音楽 | 【2019-06-15(Sat) 07:09:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Diana Krall(ダイアナ・クラール)
10年以上前に買ったCDだけれども、

タイトル曲ではなく、

収録曲の"Why Should I Care" を繰り返し聴いている。

好い・・・。


When I Look In Your Eyes
Diana Krall

20190614zaP2G4000408W.jpg
SUPER AUDIO CD【SACD(シングル・レイヤー)】


Why Should I Care


つれづれの音楽 | 【2019-06-14(Fri) 20:02:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉