プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
アベ・マリア
好い。







さて、

寝るか。

つれづれの音楽 | 【2015-09-08(Tue) 21:53:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
アルビノーニのアダージョ
好い。



さ~て、

寝るか。

つれづれの音楽 | 【2015-09-07(Mon) 21:58:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Non ho l’età(夢みる想い)
“ ジリオラ・チンクェッティ-”さん。



時は止まることを知らず流れ去る。

私より八つ年上だ。

歌詞の意味は分からないけれども、

メロディー(旋律)が好きだ。

何故か感傷的にさせられる。


追記:

こちらは、



久しぶりに聞いたのだけれども、

何故か、

目頭が熱くなる。

因みに、

こちらは、



平穏な気持ちにさせてくれる。

つれづれの音楽 | 【2014-10-06(Mon) 05:21:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
磯村由紀子さん
“カイカイ反応通信”さんで教えてもらった。


魅力的な楽曲だ。

昔でいう、

クロスオーバーミュージック?

つれづれの音楽 | 【2014-06-01(Sun) 15:54:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
参った…。
私は音楽愛好家。

けしてプロではないけれども、

とにかくすごい、

いわば、温故知新。

古くもあり新しくもある。


楽曲はいわゆる“懐メロ”。

日本の“音楽(ポップ?)業界”…、

というか、

“エンターティメント業界”?

ともかく、

能力(質)が高いと思う。

今後の“E-girlsチーム's”の活躍が楽しみだ。

私がよく聴く音楽は、

“ヨハン・セバスチャン・バッハ”に“アマデウス・モーツァルト”。

“BWV988(ゴールドベルグ変奏曲)”に“KV287(ディヴェルディメント15番)”。

そんな私でも、

驚かされた。

それにしても、

明らかに“K-POP”とはレベルが違う。

専門家の方、

どうなんでしょうか?

素人はそんな感じを受けるのですが…。

つれづれの音楽 | 【2014-03-22(Sat) 15:45:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
倍賞千恵子さん
それぞれに、

味がある。

“下町の太陽 倍賞千恵子”
“倍賞千恵子 下町の太陽 1975”
“倍賞千恵子 - 下町の太陽”
“2012 11 26 to倍賞千恵子 下町の太陽”
“下町の太陽 倍賞千恵子2004' 26 UPH‐0023”

もう一曲、

オホーツクの舟唄(知床旅情)


動画投稿者の皆様ありがとう。

因みに…、

“誰かさん”の投稿動画(静止画?)。

あなたしか見えない/"Don't Cry Out Loud"


つれづれの音楽 | 【2014-03-03(Mon) 00:27:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ディヴェルティメント 15番
“モーツァルト:ディヴェルティメント 15番(変ロ長調 K.287)”はすばらしい。



殊に“第Ⅳ楽章 Adagio”は心にしみる。

上掲の動画では“15分53秒”辺りから。

演奏は指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン/演奏:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団。

個人的には、

“ウィーン室内合奏団”の演奏が好きである。

モーツァルト:ディヴェルティメント第15番モーツァルト:ディヴェルティメント第15番
(2005/12/21)
ウィーン室内合奏団

商品詳細を見る


つれづれの音楽 | 【2013-12-06(Fri) 12:20:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
下町の太陽
“著作権侵害”?

残念だ。

ということで、

“BGM”をこちらの動画に変更。


こちらならば、

“著作権侵害”にはあたらないだろう…。

20131226sitamatinotaiyou.jpg


つれづれの音楽 | 【2013-12-06(Fri) 09:24:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
著作権?
こちらも下書きに保存しておいた動画。

少なくとも、作曲者のJ.S.Bachは1685年3月31日に生まれて1750年7月28日に没している。

亡くなってから“263年”。

「著作権」が存在するとは、驚きである。

ともかく、「著作権」とやらは何だかややこしい。

Bach Goldberg Variationen Pierre Hantaï cembalo


J. S. Bach - Goldberg Variations BWV 988 - 1. Aria (1/32)


つれづれの音楽 | 【2013-05-01(Wed) 21:21:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Feels So Good by Chuck Mangione
下書きに保存しておいた“Chuck Mangione - Feels So Good”のYou Tube動画。

“静止画”ならば良いのかな?



Chuck Mangione - Feels So Good


Chuck Mangione - Feels So Good


Chuck Mangione - Feels So Good [Single Version]


つれづれの音楽 | 【2013-05-01(Wed) 19:51:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
いつもどおり・・・、
正直、本日(昨日?)は少し気が滅入っていた。

ということで、久しぶりに聴きたくなった・・・。


動画投稿者は“asunaroojisan”。

“PSY”の足元にも及ばないが、視聴回数は“656回”。

“656回”も!

ありがたいことである。

つれづれの音楽 | 【2013-04-02(Tue) 00:06:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
I Am A Thousand Winds・・・
あらためて“原詩”の“Do not stand at my grave and weep”を紐解くと、“I Am A Thousand Winds”は“日本語詩”のように思えてきた。

もしかしたら、

“日本語”からの“英訳”だろうか?

(英語⇒日本語⇒英語?)

少なくとも歌詞の冒頭の“Please”は、

“英米文化圏の感性”をお持ちの方々には、

少し違和感があるのではなかろうか。

そんな気がして仕方がない。

Hayley Westenra - I Am A Thousand Winds

Please do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep
I am the sunlight on the ripened grain
I am the gentle autumn rain

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

Please do not stand at my grave and cry
I am not there, I did not die
I am the swift rush of birds in flight
I am the stars that shine at night

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

Please do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep
I am the sunlight on the ripened grain
I am the gentle autumn rain

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow


ということで、

“Hayley Westenra”さんの澄んだ歌声は個人的には好きなのだけれど、正直、何かもの足りなさを感じてしまっている。

あっ!

・・・最初は“Do not stand at my grave and weepで始まり、最後は“Do not stand at my grave and cryで締めくくられている。

weepcryの違いではあるけれども、悲しみの深さが感じられる。・・・


というところか・・・。

とはいえ、

たしかにcryは歌詞には入っているのだけれど・・・。

つれづれの音楽 | 【2013-03-18(Mon) 00:25:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Do not stand at my grave and weep .
日本では“千の風になって ”の“翻訳詩”で有名だけれども、“原詩”がこれほどまでに世界中で大切にされていることを知って、あらためて驚かされた。

それにしても・・・。


“wiki”に掲載されていた“(a) Mary Frye によりオリジナル・バージョンだと確認されたと言われる詩”を参考にして、相違する箇所を“赤文字”にしてみた。

Do not stand at my grave and weep
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,
Do not stand at my grave and cry
I am not there; I did not die.

I am the sun(light) on ripened grain,
I am the gentle autumn rain.
When you awaken(awake) in the morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circling(circled) flight.
I am the soft starlight(stars that shune) at night.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.

Do not stand at my grave and weep
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,




最後の2行のリフレインを除いて(b) Margaret Schwarzkopf の両親の友達が、葉書に印刷した詩(大幅なアレンジが加えられている)と同じ歌詞。

Do not stand at my grave and weep
I am not there. I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning's hush
I am the swift uplifting rush.
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.

Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.



“(a) Mary Frye によりオリジナル・バージョンだと確認されたと言われる詩”でもなく“(b) Margaret Schwarzkopf の両親の友達が、葉書に印刷した詩(大幅なアレンジが加えられている)”でも“(c) Mary Frye が死んだ時に、British Times の死亡記事(2004年9月)に載せられたバージョン(9行目と10行目が異なる)”でもないようだ。

Do not stand at my grave and weep
I am not there. I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn's rain.
When you awaken in the morning's hush
Do not stand at may grave and mourn
I am the swift uplifting rush.
I am the dew flecked grass at dawn
Where tranquil oceans meet the land
I am the footprits in the sand to guide you
through the weary day

I am still here...
I'll always stay
When you wake up to morning's hush...
I am the swift uplifting rush

Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars(the stars that) that shine at night.
Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.



わけが分からなくなってきた・・・。

Do not stand at my grave and weep
I am not there. I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glint(s) on snow.
I am the sunlight on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
Do not stand at my grave and weep
I am not there. I do not sleep.

When you awake(n) in the morning('s) hush
I am the swift uplifting rush.
Of quiet birds in circled(circling) flight.
I am the soft,soft stars(starlight) that shine(starlight) at night.
Do not stand at my grave and weep;
I am not there. I did not die(sleep).

Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.



惜しい!“(b) Margaret Schwarzkopf の両親の友達が、葉書に印刷した詩(大幅なアレンジが加えられている)”との相違は“sun”“sunlight”、そして“awake”“wake” の二箇所だけ。

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sun(light) on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
When you (a)wake up to morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry;
I am not there, I did not die!



うん?、“(a) Mary Frye によりオリジナル・バージョンだと確認されたと言われる詩”と同じ。

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.
I am in a thousand winds that blow,
I am the softly falling snow.
I am the gentle showers of rain,
I am the fields of ripening grain.
I am in the morning hush,
I am in the graceful rush,
Of beautiful birds in circling flight,
I am the starshine of the night.
I am in the flowers that bloom,
I am in a quiet room.
I am in the birds that sing,
I am in each lovely thing.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there. I do not die.




惜しい!(b) Margaret Schwarzkopf の両親の友達が、葉書に印刷した詩(大幅なアレンジが加えられている)との相違は“sun”“sunlight”の違いだけ。

Do not stand at my grave and weep;
I am not there. I do not sleep.
I am in a thousand winds that blow,
I am a thousand winds that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sun(light) on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circled flight.
I am the soft stars that shine at night.
Do not stand at my grave and cry;
I am not there. I did not die.


そもそも、“(b)I am the soft stars that shine at night.”“(c)I am the soft starlight at night.”の違いは“stars”“starlight”の一箇所のみ。

やれやれ、何をやっているのやら。

ちょっと、気分転換・・・。

Perry Como - And I Love You So

ELVIS - And I Love You So

And I Love You So - Shirley Bassey


“Do not stand at my grave and weep .”の続きを読む>>
つれづれの音楽 | 【2013-03-17(Sun) 22:32:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
I am a thousand winds.
つい、

聴き入ってしまった。

日本語タイトルは“千の風になって”

Hayley Westenra - I Am A Thousand Winds

この動画は、イギリスの“rosegrower”さん、

②動画はスロバキアの“Linneliannelein”さん、

③動画はオランダの“colliezoya”さん、

④動画は日本の“cooya98zoo”さんのそれぞれ投稿動画。

Hayley Westenra- I am a thousand winds

Hayley Westenra - I am A Thousand Winds - With Lyrics

Hayley Westenra - A Thousand Winds

以下の“歌詞”は“colliezoya”さんから拝借しました。

Songlyric:

Please do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep
I am the sunlight on the ripened grain
I am the gentle autumn rain

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

Please do not stand at my grave and cry
I am not there, I did not die
I am the swift rush of birds in flight
I am the stars that shine at night

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

Please do not stand at my grave and weep
I am not there, I do not sleep
I am the sunlight on the ripened grain
I am the gentle autumn rain

I am a thousand winds
I am a thousand winds that blow
I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow

I am the diamond glint on snow
I am a thousand winds that blow



つれづれの音楽 | 【2013-03-11(Mon) 22:29:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
マイ・ディア・スイートハート
以前に一度つぶやいたことがあるけれども、せっかくなので“動画(?)”をアップした。

“動画”といっても、4枚の写真だけなのでほぼ“静止画”。肝心の楽曲だけはちゃんと聴けるはず。

本当は、きれいにジャケットを撮影して投稿したかったのだけれども、何時ものように、面倒なので、ジャケットの写真はネットから拝借した。

My Dear Little Sweetheart - Johnny Smith

参照;“My Dear Little Sweetheart

それはともかく、“昨日投稿した動画(こちらは10枚ほど)”が“30回再生されていた。いったいどこのどなたが再生してくれたのだろう。

とはいえ、私自身が10回ほど再生しているので、正確には20回ほど。

何れにしろ、かの韓国人の“PSY”とかいう御仁。本人も含め、韓国人は“短期間に4億回を越えるアクセス数”を“異常”とは考えなかったのであろうか。

本当に不思議な民族である。

“ウソ”をつくことを生業としていると、やはり“頭がイカレてしまう”ようだ。

あっ!“Dear”が抜けていた!“litlle”も!

ふぅ、修正済み。

追記;
画像を入れ替えて再アップロード⇒http://youtu.be/IgqDlXoKE_E

つれづれの音楽 | 【2012-10-18(Thu) 00:03:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コムダビチュード2
やった!

やれば出来る。

伊達に歳はとっていない。

ユーチューブへの初アップロード(動画投稿)。

Comme d'habitude - Hasegawa Kiyoshi


つれづれの音楽 | 【2012-10-16(Tue) 12:17:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コムダビチュード
歌詞の細かい内容はともかくとして、長谷川きよしさんの歌う“コムダビチュード”が大好きだ。この歌を聴いて以来、“マイ・ウエイ”など聴く気も起こらない(追記;すいません。聴く気は起こりますし、聴きもします。“マイ・ウエイ”は“マイ・ウエイ”で素晴らしい楽曲です。)。とにもかくにも、長谷川さんの奏でるギターの音色、そしてその独特な哀愁を帯びた歌声に、私はどっぷりと魅了されてしまった。

「いつも通り・いつものように」

たしか、今から3年以上前、今は聴く気がしなくなってしまった(追記;上掲の“追記”を参照のこと。)“マイ・ウエイ”の楽曲をネットで探していて、“マイ・ウエイの原曲”として初めて知った曲である。

その時、色々と検索したものの、“コムダビチュード”を歌っていたのは長谷川さんぐらいしか見つからず、当時発売されて間もなかった“長谷川きよしさんのライブ版CD”を購入した。そのCDの中に収録されている“化粧直し”という楽曲も好きなのだが、残念ながらユーチューブでは見つけられなかった。

何れにしろ、世の中には自称“アーチスト”といわれる方々が雨後の竹の子のように沢山いらっしゃるようだけれども、私が個人的に思うところの“アーチスト”は数少ない。長谷川きよしさんはその数少ない中のお一人である。

長谷川きよし コムダビチュード

尚、後ろでパーカッションをたたいているのは“仙道さおり”さんという方で、日本を代表する“パーカッショニスト”さんであるらしい。仙道さんについてはよく知らないので、たしかなことは言えないけれども、私からすれば仙道さんは“アーチスト”というよりも、どちらかというと“クリエーター”の部類に入る方のように思える。

つれづれの音楽 | 【2012-10-16(Tue) 00:28:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Cavatina
ちょっと一休み。昨晩に引き続きこれも昔よく聴いていた楽曲。

Cavatina - John Williams


個人的に好きな演奏(録音)は、村治佳織さんの99年に発売されたxrcd盤の録音、そして、その“音”。

村治佳織さん演奏のカヴァティーナがユーチューブに数件投稿されていた。その内、3件とAna Vidovicさんの演奏、それから村治さんの“アルハンブラの想い出”と“アランフェス協奏曲”。

カヴァティーナ 村治佳織/ 村治佳織&沖仁 『カヴァティーナ』 S.Myers


Kaori Muraji 村治佳織 CAVATINA/Cavatina - Ana Vidovic


Kaori Muraji - 村治佳織 - Recuerdos De La Alhambra - アルハンブラの想い出/アランフェス協奏曲 Concierto de Aranjuez - Kaori Muraji


ついつい欲張ってしまった。それにしても重い。これではつぶやきができない。

つれづれの音楽 | 【2012-10-10(Wed) 00:17:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
My Dear Little Sweetheart
急に、昔よく聴いていたジョニー・スミスさんの“マイ・ディア・リトル・スイートハート”が聴きたくなった。もしかして、ユーチューブに投稿されているかもしれないと思い、検索したみたところ、お目当てのジョニー・スミスさんではなかったが、チェット・アトキンスさん演奏の“My Dear Little Sweetheart”が見つかった。

Chet Atkins~My Dear Little Sweetheart

たしか、この曲は作曲者のジョニー・スミスさんが自分の愛娘のために作曲した楽曲であったと思う。アトキンスさんの演奏もけして悪くはないのだが、少し私にはもの足りない。

ということで、もう一度検索して見ると、日本の方がこんなHPを“Jonny Smith Library”。

そう、私が持っているのはこのCD。ジャケットも気に入っている。

mairitoruhato1

お目当てはジョニー・スミスさんの“マイ・ディア・リトル・スイートハート”。ありがいたいことに、HMVさんで“マイ・ディア・リトル・スイートハート”が“44秒”だけではあるけれども、試聴させていただける。そして、こちらではなんと!全曲(3分45秒)聞くことができた。
Johnny Smith My Dear Little Sweetheart

やはり ジョニー・スミス(Johnny Smith)さんの演奏は素晴らしい。

つれづれの音楽 | 【2012-10-09(Tue) 00:25:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Ave Maria 2
クラシックファンならば誰もが知っている、マリア・カラスさんとルチアーノ・パヴァロッティさん。残念ながら、お二人とも既に鬼籍に入られている。

Bach - Ave Maria - Maria Callas/Luciano Pavarotti - Ave Maria

う~ん、やはり、個人的には、パヴァロッティさんが一番好いか。

つれづれの音楽 | 【2012-10-01(Mon) 00:37:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Ave Maria
正直、聴きほれてしまった。

最初は“すみさん”という日本の方かと思っていたが、韓国出身のオペラ歌手で結構有名な方であるらしい。

名前はスミ・ジョー(Sumi Jo、漢字:曺 秀美)さん。

私は、結構音楽は聴いている。主にクラシックとジャズ。自宅には数千枚CDがあるが、“声楽”はほとんど聴かない。だからであろうが、私には初めて耳にする(目にする)お名前であった。

いわゆる“韓流”は大嫌いで“メイド・イン・コリア”は一切買わない。韓国ドラマは見ないし、韓国の音楽も聞くことはない。

そんな私ではあるが、“スミ・ジョー”さんのファンになってしまった。

とにかく、素晴らしい歌唱力である。

因みに、“カッチーニのアベマリア”を聴いて魅了され、“シューベルト”と“バッハ(グノー)”のアベマリアも探したのだが、“バッハ(グノー)”の動画は見つからなかった。もちろん、歌われているかどうかは分からないが。

Sumi Jo - Caccini - Ave Maria/Sumi Jo - Ave Maria (Schubert)


つれづれの音楽 | 【2012-10-01(Mon) 00:26:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
母賛歌
 偶然観た“テレビ番組”。“ある歌”を聴いていて涙が止まらなくなってしまった。とかく私は涙もろい。とはいえ、これほど涙を流したのは久しぶりだ。
 詳しいことは分からないが、“Metis”さんは24歳のシンガー・ソングライターの方であるようだ。こんなに若い女性が声を張り上げ堂々と母親を讃えている。
 私が同じ24歳の頃にはどれほどの感謝の気持ちを持っていたであろうか。そのことを考えると思わず恥ずかしくなる。
 Metisさんはお母さんが仰るように強い女性なのであろう。さもなければこれほど素直に自らの思いを歌に託すことなど出来るはずがない。
 久しぶりに感動した歌である。
 私の母は今月の26日で80歳を迎える。
 年老いた母に感謝の気持ちを伝えたい。

 また、Metisさんの「母賛歌」を聞いていて、思わず“神風特攻隊員”の数々の遺書や日記に記された母への“言の葉”を思い出してしまった。 
 矢張り“強さ”がなければ人は素直にはなれないのであろうか。

Metis 母賛歌

追記;
 亡くなられたMetisさんのお母さんは私と同世代のようだ。同世代として考えればある意味お母さんが羨ましい。心よりご冥福をお祈りする。
“Metis - 母賛歌 [追悼]”

追記2;
 昨年に放映されたテレビ番組の動画が投稿されていた。思いがより強く伝わってくる。
“泣ける歌 Metis 2” “母賛歌-Metis”

つれづれの音楽 | 【2009-01-21(Wed) 00:30:06】
Trackback:(1) | Comments:(0)
ハチャトリアンの「仮面舞踏会」
 何故かメロディーが心に残ってしまった。
 おめでとう!浅田真央選手!
 君の滑りはスポーツの域を超えている。まさしく芸術だ!

MASQUERADE SUITE - Suite Mascarada - Aram Khachaturian


Masquerade Walz-Romance-Mazurka
Aram Khatchaturian
Art of Bob Pejman - Khachaturian: Masquerade Waltz (HD)

つれづれの音楽 | 【2008-12-14(Sun) 01:42:28】
Trackback:(1) | Comments:(0)
コニー・タルヴォットちゃん
 矢張り、天才なのであろう。偶然“Connie Talbot's "I Will Always Love You" (Full Version)”を“You Tube”で見つけた。“White Christmas ”もあった。またまた感動してしまった。どうやらCDをリリースしたらしい。若干6歳の女の子がよくやるものだ。日本では分からないが感銘を受けているのは私だけではないらしい。母国のイギリスでは相当な人気者のようである。歳も1つ増えて7歳になっているようだ。“You Tube”の動画もかなり数が増えている。
 もともとこの投稿は12月24日分。“サーバー障害”で消失してしまった投稿である。24日には“White Christmas ”を繰り返し聴いた。本日は12月30日。とりあえず12月24日付で投稿することにする。これで今年は“皆勤賞”である。
 尚、既にCDは“Amazon.com”で購入している(“Over the Rainbow”)。

Connie Talbot's "I Will Always Love You" (Full Version)


Connie Talbot I Will Always Love You ~album Over The Rainbow
Connie Talbot 'I Have A Dream' ~ 'Over The Rainbow' album
Connie Talbot--White Christmas
Connie Talbot celebrates 7th Birthday
Connie sings for ITV

関連投稿; I thought, you were ファンタスティック!

つれづれの音楽 | 【2007-12-24(Mon) 21:17:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本音楽コンクール本選会
 いやぁ~、吃驚した、唖然とした、驚愕した。
 今、偶然に「NHK教育テレビの第76回日本音楽コンクール本選会 舞台裏密着ドキュメント」という長ったらしいタイトルの番組をBGM代わりに眺めていた。
 ところが、どっこい。先ずは余りにもきれいなバイオリンの音色に驚かされ、思わずBGMのつもりが聴き入ってしまい、次にオーボエの演奏、そして室内楽の作曲、そして声楽、フルート、ピアノと口があいたまま塞がらなかった。
 編集の上手さもあるのだろうが、とても学生やら無名人の演奏とは思えなかった。勿論、“日本音楽コンクールの本選”に参加しているのだから、それなりにその周辺の人たちの間では有名な方々なのであろうが、一般的に知られていない演奏家であることには間違いない。少なくとも私のような“音楽愛好家”が知っているような演奏家の方々ではなかった。
 バイオリンの音色の美しさはその演奏家の技量もさることながら楽器そのものの質も大きく影響していることであろう。バイオリンだけではなくフルートもオーボエもピアノも楽器自体の性能・品質がその音色に大きく影響することは否めない現実である。しかし、そのことを差し引いてみても、バイオリン部門での優秀者であったかと思うが群を抜いた音色の美しさは刮目に値する。音色の美しさではオーボエもそうであった。こちらは間違いなく優勝者であったと思うが音色の美しさに関しては他の演奏者と比べて飛びぬけていた。フルートの演奏についてはそれほど音色の違いは聞き取れなかったが、技量においてはもしかしたら唯一の高校生の男の子がずば抜けて一番だったかもしれない。しかし、矢張りその楽曲の中に“心がなかった”ように私には聴き取れた。こればかりは仕方がない。後は年輪を積み重ねることによって自然と身についてくるものであると思う。おそらく相当おだてられて育ってきた青年なのであろう。少し自らの技量に溺れているように感じた。作曲部門においてはある意味西洋音楽のコンクールであるのに何かその旋律・演奏に“日本的”なものを見出してしまった。いわば西洋音楽の日本化である。日本が漢字を取り入れて日本語の中に組み入れたように、西洋音楽・楽器を取り入れて新たな日本文化が開花し始めているような感じを受けた。あれは明らかに“日本的な音楽”である。描画的で精神的な世界が繰り広げられているように私には聴こえた。
 最後にピアノ部門の模様が放映されていたが、結果は三位であったがモーツアルトの第三楽章のカデンツァをオリジナルで演奏していた若者にも恐れ入ったが、その後のお互いに音楽大学の友人同士であるという若干二十歳前後の若者が奏でたラフマニノフのピアノ協奏曲にも深い感銘を受けた。この若者たちは一体何ものなのであろうか。私には“天才”としか思えない。今まで聴いたモーツアルトのピアノ協奏曲を思い浮かべてみても記憶に残る演奏のなかに仲間入りしてしまったし、ラフマニノフのピアノ協奏曲にいたっては個人的には気に入った演奏のベストファイブに入ってしまう。そもそも、モーツアルトのピアノ協奏曲については数十人、ラフマニノフのピアノ協奏曲については数人の演奏家の演奏しか聞いていないのでそう大きなことは言えないが、ピアノ演奏を人並みに以上に聴いているという自負はあるので、その経験からしてみても、相当レベルの高い演奏であったことは間違いないことであると思う。
 日本の若き演奏家は凄い。兎に角、驚愕の一時を過ごすことができた。
 また、フルートの課題曲になっていた「ロンベルグ フルート協奏曲 ロ短調」が気になってしまった。今度CDを買いに行くことにしよう。

日本音楽コンクールWiki日本音楽コンクール

つれづれの音楽 | 【2007-12-16(Sun) 17:55:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Moonlight Sonata
 急に“月光の曲”が聴きたくなった。お気に入りのバックハウスの演奏を聴いている。ユーチューブには“バックハウスの月光の演奏” はなかったが、色々な動画がアップされている。有名どころではケンプの演奏。
 矢張り私には上品過ぎる。個人的に思い描くベートーベンとは違ってしまう。私はベートーベンのピアノソナタはバックハウスかギリレスの演奏が好きだ。要は感性の問題。ただそれだけのこと。
 以前、ピリスの演奏を聴きに行ったことがある。確か“紀尾井ホール”。“紀尾井ホール”にはコンサートグランドピアノは似合わない。その広さからして鍵盤楽器ではチェンバロが精一杯だと思う。会場の音響設備の所為もあろうが、二度とピリスのベートーベンは聴きたくないと思ってしまった。その時演奏していたのは“熱情”。私には反逆のベートーベンとしか聴こえなかった。余りにも繊細なピリス自身の演奏スタイルに対する、ピリス自身の反逆の演奏だったのであろう。
 人はなかなか安住の地を見つけられない。欲深い存在である。おそらく彷徨っていたのであろう。余りにも完璧にモーツアルトなりシューベルトを演奏してしまったので。私の感性はそのようにあの夜のピリスの“熱情”の演奏を結論付けている。
 本当に聴衆とは勝手なものだ。自らは“ネコふんじゃった”でさえも満足に弾けないくせに、勝手なことばかり言っている。才能がなくてよかった。ピアノが弾けなくて良かった。勝手なことを言っていられるのだから。凡人は幸せである。
 それにしても面白い“月光の曲”である。弦楽合奏、合唱つき?まるでレクイエムのようだ。

Moonlight Sonata


Wilhelm Kempff plays Beethoven's Moonlight Sonata mvt. 1
Wilhelm Kempff plays Beethoven's Moonlight Sonata mvt. 2
Wilhelm Kempff plays Beethoven's Moonlight Sonata mvt. 3

Beethoven's Tempest Sonata mvt. 1 -- Wilhelm Kempff
Beethoven's Tempest Sonata mvt. 2 -- Wilhelm Kempff
Beethoven's Tempest Sonata mvt. 3 -- Wilhelm Kempff


つれづれの音楽 | 【2007-11-26(Mon) 21:20:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
年季の入った"Hotel California "
Eagles / Hotel California (Live)


Eagles- Hotel California (1976) Live!


つれづれの音楽 | 【2007-11-11(Sun) 00:04:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カデンツァ
こんな“カデンツァ”は聴いたことがない。“モーツアルト”が聴いたら間違いなく“びっくりしてひっくり返ってしまう”ことであろう。

カデンツァ cadenza[伊]
〔1〕コンチェルトやアリアなどに挿入される、演奏者の妙技を披露するための即興的な部分。〔2〕終止(形)。


AMAZING Mozart 3 - 3rd movement Cadenza

尚、世の中には色々なアーチストがいる。“Mozart Bond”、これは“カデンツァ”ではない。

つれづれの音楽 | 【2007-11-09(Fri) 00:09:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
小さな天才(?)ピアニスト
“慰安婦”についてのブログを書いていたら少し気が重くなってきてしまった。ということで気が重くなったら“モーツアルト”だ。以前にユーチューブで見つけた“天才(?)ピアニスト”がいた。「うるさい!」と怒鳴っていた7歳半の女の子がたった2年半でここまで上達するものなのであろうか。驚きである。実は私もピアノを弾いてみたい。こんな小さな子でも出来るのだから私だって…。

しかし、現実はそんなに甘くない。いくら“老人力”が身についても思うようにピアノを弾くことはなかなか出来るものではない。とはいっても少し練習すれば“猫ふんじゃった”ぐらいは未だ弾ける自信はあるが。

Mozart Files - Piano Progressions


つれづれの音楽 | 【2007-11-08(Thu) 22:54:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ルービンシュタイン パート2
ショパンのピアノ協奏曲の一つ。ショパンはピアノ協奏曲を2曲だけ作曲している。

Chopin - piano concerto No.2


piano concerto 2 rubinstein part 1
piano concerto 2 rubinstein part 2
piano concerto 2 rubinstein part 3
piano concerto 2 rubinstein part 4
piano concerto 2 rubinstein part 5


つれづれの音楽 | 【2007-11-06(Tue) 00:53:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
くまック時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉