プロフィール
写真;Mt.Fuji

あすなろおじさん

Author:あすなろおじさん

「近・現代史」に興味があり、日々「美しい国・日本」を夢見ているちょっと(?)歳をとったちょっと太めの“あすなろおじさん”です。※※※※※※※※※
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近+最近ではない記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
記憶に残したい動画・他
火つけ役
言わずもがな、

朝日新聞(アサヒる新聞)。



戦後の日本 | 【2017-01-18(Wed) 20:27:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
日本からの「輸入品」


戦後の日本 | 【2016-04-06(Wed) 07:04:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
嗚呼大和
“Eternity”というホームページの“資料室のFlash倉庫”に保存されていた動画である。タイトルは“嗚呼大和”。壱~参の三部作である。作者はRanRanさん。北海道在住だそうである。

因みに“Eternity”とは“永遠(無限の過去・未来)”という意味で、副題の“A mystery remains there with a mystery.”は「どれほど明らかになろうとも、いつまでも神秘・未知は残るという謙虚さを以て歴史・文化と接すること。」と“プロフィール”に説明がされている。

カテゴリーは“戦後の日本”にする。

“嗚呼大和”の続きを読む>>
戦後の日本 | 【2007-09-11(Tue) 00:26:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
戦後の日本
をカテゴリーに設定した理由は他でもない。

一つは敗戦を契機に変化した日本。良い意味でも悪い意味でも日本は大きく変貌した。

歴史的な敗北の後、日本、そして日本人は混乱を来たし様々な変化がこの国を襲った。そして“過去の日本”を失った。

そのような日本を振り返って見たい。一体私達は戦後、何を目指し何をなしえたのか。そして何をなしえなかったのか。得たものは何か、失ったものは何か。

もう一つの理由は私自身が生まれそして育った時代でもあるからだ。殊に私が幼少期をすごした時代は戦後の影響を色濃く残している時代でもあった。

“戦後の日本”の続きを読む>>
戦後の日本 | 【2007-08-06(Mon) 22:09:27】
Trackback:(0) | Comments:(4)
くまック時計
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
気になるサイト・他
このブログをリンクに追加する
♪BGM
下町の太陽/倍賞千恵子

J.S.Bach Goldberg Variations
GLENN GOULD

I'll Close My Eyes
Blue Mitchell

©Plug-in by PRSU
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

2007年10月10日設置
自戒の言葉